ホーム 会社概要 経営理念 施行事例 パートナー スタッフブログ

ノアテクノス STAFF BLOG

2014/09/09

ブログ更新

皆様。大分御無沙汰しておりました(汗)
管理のAです。私でブログが滞ってしまい誠に申し訳ございませんでした。
反省・・・・m(__)m

今回は都内某所のデザイナーズ賃貸物件現場を御紹介いたします。


ファイル 26-1.jpg

ファイル 26-2.jpg


メゾネット部のロフト階段です。

中心の力板で左右の踏み板を支えております。

イメージは出来たものの、製作図面に反映するのが難しく
図面担当Sより模型を製作し特注発注致しました。

ファイル 26-3.jpg


これも階段!?


・・・これも階段です!!


最後に私たちは様々な特注材を御依頼頂きますが、私たちの仕事は形として見せることは簡単であり、重要なのは安全に機能するかが大事であります。

絶対に妥協せず、より良い品質で間違い無いもをこれからも納めて行きます。


PS 只今本格茶室施工中!!


ファイル 26-4.jpg


ファイル 26-5.jpg


乞うご期待!!

2014/08/07

事業所移転のご挨拶。

拝啓 盛夏の候 皆様方におかれましてはますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。 

毎々格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。

さて、このたび弊社ノアテクノス株式会社は身の丈での事業拡充に伴い
下記の新事業所に移転することになりました。

謹んでご案内申し上げます。

8月4日月曜日より、こちらで営業を開始させて頂いております。

これを機に社員一同 心機一転さらに一層精励し皆様のご期待に沿う所存です。

今後とも変わらぬご支援、ご教示を賜りますようお願い申し上げます。

 
                                        

  ♦移転先住所〒343-0836 埼玉県越谷市蒲生寿町18-33 MITビル4F

  ♦電 話 番 号   048-993-4156

  ♦F A X 番 号   048-993-4157

               ※電話番号、FAX番号は変更ございません。


ファイル 25-1.jpg

2014/06/25

木を見直そう!(2)

担当者Kです。

前回は木(無垢材)について書かせて頂きましたが、今回は特殊木材について簡単な知識をと思います。
木材は、そのまま使用する無垢材の他、細かいブロック材を重ねた材料やチップ状にして再成形した材料などが有ります。
今回はそれらの材料の特徴を知って頂きたいと思います。
※呼び名は普段、私達が使用している呼び名にて書かせて頂きますね。

1.積層材
ひき板や小角材を節や割れ等の欠点を取り除き、厚さ・長さ・幅を集成接着した材料です。
(ブロック状の板材です。)
木材特有の欠点を取り除いておりますので、狂い・割れ・反りなどが起こりにくく強度の安定もあります。主にカウンター・階段材等に使用されています。
ファイル 24-1.png


2.集成材(練付材とも呼ばれています)
 上記の積層材(下地用)を心材として表面に単板(突き板)を貼った物が集成材です。
 見た目は無垢の材料と同じ質感で、心材自体が積層材になっており木材特有の欠点を取り除いて
 おりますので、狂い・割れ・反りなどが起こりにくく強度の安定もあります。
 主に和室の造作材に使用しております。
 ファイル 24-2.png


3.LVL
 単板積層材と呼ばれる材料ですが(平行合板ともいう)、ロータリーやスライサーなどで切削された
 単板の繊維方向を全て平行にして積層接着された材料です。
 乾燥単板を使う事で含水率が統一化され、また節等の欠点部分も分散されるので、寸法の精度・安定
 性に優れた材料です。
 主に構造用下地などで使用されます。
 ファイル 24-3.png 

4.MDF
 木材を繊維状にほぐし、接着剤などを配合してボードに成型した材料です。
 木材の持つ欠点を補い、木材を無駄なく活用する素材として住宅建築・家具等の材料として使用
 されています。
 造作工事では枠材の心材に使用されたりします。
  ファイル 24-4.png


5.パーチィクルボード
 木材の小片を接着剤と混合し熱厚成型した木質ボードの一種です。
 主に床や壁などの下地、表面に化粧板等を貼って家具にも使用されています。
 ファイル 24-5.png

以上、簡単ではありますが無垢材以外にも木材は形を変えて使用されております。
皆様のお宅にもあると思いますので。ぜひ一度確認してみて下さい。

お疲れ様でした。

2014/04/07

フローリング貼替え

こんにちは!管理者Mです。

今回はフローリングの貼替えの事を書こうと思います。

最近の分譲マンションでは当たり前になりましたがLDが
床暖房で主に温水式のパイプが埋め込まれているマットが
ひかれておりその上にフローリングが貼ってあるのが
主流です。

フローリング施工後、速やかに養生を行っても後工程で、
最後は何らかの傷が発生してしまうのは床仕上工事の性質上
本当に残念でなりません。

小さな米粒程の傷ならば補修専門屋さんにて傷補修が
出来ますが、補修跡が気になるなどエンドユーザーからの
ご指摘で補修では直しきれない物は貼替えしないと
いけません。
そこで今回床暖マット部分の貼替えをご紹介したいと
思います。

補修NG傷
今回は補修で直りそうでしたが貼替えになりました(汗)

ファイル 23-1.jpg

養生 鋸を入れるので家具等ほこり等つく所は
しっかり養生を行います。
二次災害は出さない様に!(;O;)

ファイル 23-2.jpg

フローリング上部よりノコ入れ
12㎜の板厚材料に対して11.8㎜程刃を出しカット
絶対マットを切らない様に慎重に(@_@)

ファイル 23-3.jpg

マットを傷つけない様、慎重にバールで剥がします。

ファイル 23-4.jpg
ファイル 23-5.jpg

剥がし完了。
フローリング雌サネをカットして既存雄サネ部分
マット根太部分に床暖専用ボンドを塗りはめこみます。

貼り替え終了後お客様より大変喜んで頂き感無量でした。

形あるもの傷がついたり壊れたりするのは
いたしかたないと思いますがすべて商品であること
また引き渡した後のエンドユーザー様が買ってよかったと
笑顔になる仕事をするよう日々精進してまいります。

2014/03/11

お見舞い申し上げます

過ぎる時間は早いもので、東北大震災から三年の月日が経ちました。


御亡くなりになられた方には、深くご冥福をお祈りすると共に、

被害に遭われた方にも、深くお見舞い申し上げます。


まだまだ復興には時間が掛かるとは思いますが、前向きな気持ち(心)で、

どうか乗り越えて頂きたく思います。


また、当社関連業者の方で被害に遭われた方も居られると思います、

この場所をお借りしてお見舞い・ご冥福を深くお祈り致します。


徐々に暖かさも増し桜が咲く季節に近付いて来てはおりますが、

朝晩の寒暖差がまだありますので、どうぞご自愛下さい。


ノアテクノス株式会社 社員一同

2014/02/14

木を見直そう!

お世話様です。施工図管理のKです。

最近、室内での木材使用率が下っています。
確かにシート材の方が、木肌が均一で見た目もきれいですからね。
でも長年、仕事で木と一緒に育ってきた私としては少し寂しい限りです。

今日は木材の基礎知識を少し知って頂きたいと思います。
木材を扱う上で、出てくる言葉です。

①木材の断面(呼称)
 ・白太(しらた)
  木材の樹皮に近い周辺部。心材に比べて淡色で腐りやすく虫が付きやすい。
白肌・辺材・白材とも言います。
 
 ・赤太(あかた)
  木材の内部の色が濃い部分。樹種によっては色で判別出来ないものも有ります。
辺材に比べ耐朽性があり、材として利用価値が高いです。赤身・赤肌とも言います。
 
 ・髄(ずい)
  木材の中心のごく細い軟らかい部分。樹心とも言います。

ファイル 21-1.png

②木目(もくめ)
 木材を製材したときに現れる年輪などの模様。板目・柾目・杢目に大別されます。
 ・板目(いため)
  丸太の中心からずれて挽くと、年輪が平行ではなく山形や筍型の木目が現れ、
これを板目と言います。
 
 ・柾目(まさめ)
  丸太の中心に向かって挽いたときに現れる年輪が平行な木目を柾目と呼びます。
  板目と比べ歩留りが悪くコスト高になりますが、反りや収縮などの狂いが少ないです。


 ・杢目(もくめ)
  木目などの紋様で、特に装飾価値が高い紋様を「杢」と呼んでいます。  
ブナ科の虎斑杢やメープル等に現れる鳥眼杢、トチ・シカモア等の縮杢の他、
縞杢、葡萄杢、牡丹杢、鶉杢、如鱗杢などがあります。
  【読み方】
  虎斑杢(とらふもく)、鳥眼杢(ちょうがんもく)、縮杢(ちぢみもく)縞杢(しまもく)
葡萄杢(ぶどうもく)、牡丹杢(ぼたんもく)、鶉杢(うずらもく)、如鱗杢(じょりんもく)

ファイル 21-2.png


以上、簡単ではありますが木を扱う上で主に出てくる用語の説明でした。


板目・柾目などは一般的に出てくるので皆さんもご存じですよね。
(普通にホームセンターでありますもんね)
杢目はギターやバイオリンなど趣味の人はご存じですね。
(ギターが趣味の人は、ギブソンレスポールの虎目がいいんだよね~って、お話ししますよね。笑)

最近は和室も減ってきていますので、中々、木に触れ合う機会も少ないと思います。
木には色々な良さもあります。(リラックス効果、殺菌効果、悪臭を消す等、色々あるみたいです。)
これから内装をお考えの方は、木を見直してみてはいかがでしょうか。

2014/01/06

新年の御挨拶。

ファイル 20-1.jpg

あけましておめでとうございます。

謹んで新年の御喜びを申し上げます。


本日1月6日より平常通り営業始動させて頂いております。

本年はお陰さまで例年以上の受注をさせて頂き、年初から当社自慢の
社員もフル稼働にて応対させて頂いております。

更に取引先様の、当社への期待と信用は決して損なうことなく、各受注先へ
しっかり応えていく計画と情熱とを持ち合わせて遂行して参ります。

弊社の今年の言葉は「飛躍」とさせて頂き社員にも申し伝えました。
当然のことながら、攻めと守りのバランス感覚はしっかりと持ち合わせていく所存で御座います。

身の丈での飛躍、確実な飛躍の意味でもリスクマネージメントは日々
行い、なお且つ生産性の上がる計画を充分に立てながら執り行って
参ります。


今年一年、弊社の逞しい生き様を御期待下さい。

これにて新年の御挨拶とさせて頂きます。

2013/12/26

2013年の総括として・・

本年も大分押し迫って参りました。

弊社創設より丸4年の歳月が流れ5年目を迎えております。

リーマンショック直後のこの小さな舟の出航から、まさに想像を絶する
出来事が山のように押し寄せて参りましたが、
お陰さまで現在は、順調に航海をさせて頂いているところで御座います。


ここまで来れましたのも、何もない創設時弊社を信じて頂いた、
沢山の協力業者様の、皆々様の力の結集の賜物であると切に感じております。


”与えた恩は水に流し、受けた恩は石に刻む”


決して驕らずに、御恩を大切に、慎んで社業に励んで参る所存です。


また、御愛顧頂いてますお客様も、お陰さまで益々増えてきております。


この皆様の熱い御期待に添えます様に精進して参りますので、
来年もどうぞ、宜しくお願い申し上げます。


ファイル 19-1.jpg

2013/12/12

日進月歩

師走に入り、ますます寒さが厳しくなって参りました。

防寒対策、ウイルス対策、安全対策、大丈夫でしょうか??

現場管理者KSです。前回猛暑日の中 ☀☀^_^; 足を運んだ浅草寺を投稿させて頂きました。

今回は・・・・・・。またまた、浅草寺近くの現場の内部工事を投稿させて頂きます。

あれから4カ月!!

日々絶え間なく進み、月を重ね、ようやく完了を向かえました。
汗を流し協力して頂いた、職人さん、メーカーさん、スタッフ、感謝の気持ちを込めて内部仕上げを一部紹介させて頂きます。

施主・設計ともあり、オーナー様住戸は、制限がある中で色々と手を掛けさせて頂きました。


①こちらは床の間 絞り丸太加工中・・・。


ファイル 18-1.jpg

(職人さん談:絞りは久しぶりだなぁ・・・。)


ファイル 18-2.jpg


(網代 無双 落とし掛け 絞り丸太 地板)


ファイル 18-3.jpg


加工に時間を費やし慎重に納めて頂き、感謝 m(__)m

②こちらは内部階段(3か所ありました)


ファイル 18-4.jpg

下地が鉄骨でしたので、高さ、水平調整、角度調整、に時間を掛けました。

(職人さん談:しっかりした材料だねぇ)


③最後は最上階の、天井・壁 全面 タモ板目 貼り。

ファイル 18-5.jpg

目地を通すので、現場での微妙な角度調整が大変でした・・・。

(職人さん談:材料いいね!!後は俺の腕次第・・・。)

都会に居ながら、山小屋に居るようなイメージでしょうか。


日々進み、学び、月を重ね成長する。色々と勉強になった現場でした!!


一部仕上げ工事をご紹介させて頂きました。協力して頂いた皆様
誠にありがとうございました。m(__)m

2013/11/26

お・も・て・な・し

大分肌寒くなって参りました。 管理のKで御座います。

先日、日頃から特注材でお世話になっております、大手メーカー様の工場視察に
当社社員一同にて行って参りました。

通常は中々、見学出来る機会が無いので非常に勉強になりました。
(詳しい事は先方の都合上お伝え出来ませんが)

工場見学の際は、社長初め社員の方々に色々と「おもてなし」して頂き、誠に感謝の気持ちでいっぱいです。(作業中でしたので、ご迷惑お掛けしたと思います。)

ノアテクノス社員一同、再度お礼申し上げます。
「有難う御座いました。今後とも宜しく御願い致します。」

一部、視察の際の写真を掲載したいと思います。

ファイル 17-1.jpg
ファイル 17-2.jpg

トップページへ | ブログトップ | RSS | 管理者用
Script : Web Diary Professional

お電話でのお問い合わせはこちら